免責とは

免責とは、と言っても色々な意味があるとは思いますが。
自動車保険免責について、改めて整理してご説明しますね。

自動車保険免責には、二通りの意味があります。
免責の一つ目の意味は、保険金の支払い対象にならないということ。
免責事項、などと言ったりします。
免責に当てはまると、自動車保険の保険金が出ません。
免責自動車保険の約款で決められていて、それぞれの保険の種目ごとに規定があります。
免責とほぼ同じ意味で「無責」という言葉もあります。
免責と無責の違いについては、こちらの記事をどうぞ。

自動車保険免責の二つ目の意味は、自己負担金。
免責はこの場合は免責金免責金額、とも言います。
免責金とは自動車保険の対物賠償責任保険と車両保険に設定する項目です。
免責金は、交通事故に遭って対物保険や車両保険を使う際に、自分で払う分のお金。
免責金までの金額を自己負担して、免責金を超えた金額は自動車保険から支払われます。
自動車保険免責金は2段階で設定されます。
免責0-0、0-10、5-5、5-10・・・・などという書き方をします。
免責のこの書き方の意味は、-で区切られた左側の数字が1年間の契約期間中に1度目の交通事故・自損事故で自動車保険を使う場合の免責金の額です。単位は万円。
免責の-の右側の数字は、契約期間内の2度目以降の事故の際の免責金額です。
免責金は、車両保険の場合、双方に過失割合の出る交通事故なら、相手方から受ける損害賠償金に優先的に充当されます。つまり、相手方から回収したお金はまず免責金に充てられて、まだお金が残っていたら保険会社のものになるわけ。
車両保険の免責金は、双方に過失割合のある交通事故の時は、一部もしくは全額が相手からの損害賠償金でまかなわれます。
免責金は、対物保険や車両保険でも100:0の加害事故や相手のいない自損事故では全額を自己負担します。
免責金は、事故多発の契約者には強制的に設定されることもあります。
事故多発者については、ブラックリストの記事をどうぞ。

免責金額を設定すると、自動車保険の保険料が安くなります。
免責は一種の特約だと思います。
自動車保険特約については、こちらの記事を見てみて下さい。
具体的にどのくらい安くなるのかは、自動車保険の見積もりサイトなどでシミュレーションしてみて下さいね。

免責について参考になりましたら、下のランキングをクリックお願いします。
1クリックいただけると、けっこう順位が変わるのです〜。
にほんブログ村保険情報 人気ブログランキング保険情報

Comment(0)
2008年12月01日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。