高級車だらけの交通事故

高級車ばかりの多重衝突事故のニュースです。

保険料10倍も保険金もセレブなフェラーリ多重衝突事故
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111209-00015278-diamond-soci


どうしてまた高級車ばかりが? と思ったら、高級スポーツカー愛好者の集団だったのですね。
事故車の内訳は、フェラーリ8台、ランボルギーニ1台、ベンツ3台とのことで、さぞや壮観でしょう。
重症者が出なかったこともあり、苦笑してしまいました。
保険金の支払は、コメント通りだと思います。
速度超過などの交通違反と自動車保険の支払いはまた別物なのです。
過度に高額な保険金は保険金詐欺を疑う場合も多いですが、今回はあまり当てはまるとも思えませんね。

車両保険価額がいくらなのかは明記されていません。
1000万円超えは間違いないとして、2000万円ならば年間保険料が60万円にもなるとの計算です。
通常、一般的な自家用車の車両保険は新車時で150万円〜200万円程度。
さすが高級車、桁外れです。
ちなみに車両保険価額は自動車保険の契約更新時の時価額に準じます。
時価額は月毎に下がっていくものですが、車両保険は1年間据え置き。ここが対物保険と違う点です。

私が保険会社で働いていた時、高級車の販売店で事故がありました。
駐車時にサイドブレーキをしなかったため車が動いてしまい、展示車を何台も巻き込んだ接触事故になったというもの。
上司の技術アジャスターが現場に向かい、さっと査定と解決をしてくれて助かりました。
この時も事故車の契約書を見て、車両保険の高さに仰天しました。
サイドブレーキを忘れた販売店社員の人は、半分泣きそうになっていたそうです。
高級車はお金持ちとマニア以外の一般人には縁がありませんけど、一般車もなるべく大事に乗ってあげて下さいね。

Comment(0)
2011年12月09日
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。